北海道函館市の住宅・マンション・介護のリフォーム会社

星野リフォームロゴ

お知らせ

News

給湯・暖房ボイラーの交換時期と考え方

img_4631

新しく取り替えた給湯・暖房ボイラー


今回は給湯ボイラー、暖房ボイラーの交換時期について、お客様の事例でご紹介します。

今回ご紹介するお客様のボイラーは10年経過していました。

img_4571

10年経過した古い給湯・暖房ボイラー


ボイラーはまだまだ使える状態でしたが、
お客様が10年ごとの定期的な交換を希望されていたため今回新たに交換しました。

img_4619img_4623













このお客様のように、ボイラーが故障し始める前に交換するという考え方があります。
一方で、定期メンテナンスをしてより長くボイラーをご利用いただく考え方もあります。
(こちらの方が多いと思います)

 

交換時期のポイントは、10年目です。

10年という数字は、

  1. 10年以上経過したボイラーの壊れる頻度が増える
  2. メーカーの部品がなくなることがある(古い商品の生産がストップするため)

という分岐点です。

 

お客様によっては、何度も修理するのを煩雑に思う方がいらっしゃいます。
また、 部品がないと結局取り替えないといけません。

そのため、何度も壊れる可能性があったり、
部品がなくなって結局取り替える必要が出てくるのであれば、
早めに最新式のボイラーに取り替えた方がよい、という考えも一理あります。


もちろん、料金としては10年ごとに交換する方が割高になります。
ただし、その料金は故障し始めたときのストレスや煩わしさを取り除く料金と言えるのです。

 

早めに(10年を目安に)交換することと長く使うこと。
どちらが正解ということはありません。
あくまでも、どのように考える方がご自身・ご家族に合っているか、ということです。

 


あなたはどのような住まいをお望みでしょうか?


星野リフォームでは、お客様ひとりひとりの状況や考え方としっかりと向き合い、
ご要望をお聞きしたうえで最適な住まいを提案します。

ぜひ一度、星野リフォームにお問い合わせください。

リフォームに関する疑問・質問は、お気軽にご相談ください。

電話番号は0138-53-5366

メールフォームはこちら
ページトップへ